遊戯王 2019「墓守」デッキ構築考察:2パターンのコンセプト「安定型」or「先攻特化型」

*画像はクリックするとAmazon商品ページへ飛びます。

はじめに

こんにちは

 

今回は「墓守」デッキの構築について考えていきます。2通りのデッキコンセプト及びオススメのパーツを紹介していきます。

 

まず、「墓守」がどんなテーマであるかイマイチわからない方はこちらに「墓守」について詳しく述べた記事がありますので、是非参考にして下さい!

 

big-bigtree.hatenablog.com

今回紹介するのは、「先攻特化型」と「安定型」です。

 

「先攻特化型」

コンセプト及び特長

過去記事で述べたように、墓守には「王家の生贄」という強力な専用ハンデスカードが存在します。

遊戯王 301-039-N 《王家の生け贄》 Normal

相手のテーマに依りますが、先攻一ターン目で決めればゲームエンド級の効力を発揮するカードです。そのため、「「王家の生贄」の発動を念頭に置いたデッキ構築」というのもデッキコンセプトの一つとして面白いでしょう。

 

ちなみに、後述しますが、ドローソースを多く採用するので妨害札を比較的安定して持ってこれるため、バックはだいたい厚くなります。

 

オススメカード

「王家の生け贄」をデッキから持ってくるカードは現状存在しないため、先攻一ターン目で発動するためには、ドローソースを多く入れるなどの工夫が必要になります。お薦めしたいドローソースは次の三枚です。

 

命削りの宝札

遊戯王/命削りの宝札(スーパーレア)/レアリティ・コレクション?20th ANNIVERSARY EDITION? RC02-JP036

メタビートのお供とも言える強力なドローソースです。フィールド魔法+墓守モンスター+バックという盤面が理想的な「墓守」にとっては、そのパーツ集めとして優秀なカードです。もともと展開力に乏しいテーマであるため特殊召喚不可のデメリットはそこまで気になりません(笑)

 

このカードを採用する場合、なるべくドロー枚数を増やしエンドフェイズに墓地に送る枚数を減らしたいために、デッキ内のモンスターカードの比率は低くする必要があります。「王家の生贄」を採用する上でも自身の損失を小さくするために、モンスターカードの比率は少ない方が都合が良いため、この点においても「墓守」に持ってこいのドローソースです。

 

強欲で謙虚な壺

遊戯王OCG 強欲で謙虚な壺 ノーマルパラレル 20AP-JP078-P 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE]

メタビートのお供その2。メリット(優秀なパーツ集め)・デメリット(特殊召喚不可)ともに「命削りの宝札」と類似してます。両方採用することによって、互いを手札に持って来やすくすることができます。

 

強欲で貪欲な壺

遊戯王カード TDIL-JP066 強欲で貪欲な壺 スーパーレア 遊戯王アーク・ファイブ [ザ・ダーク・イリュージョン]

ハイリスク・ハイリターンなドローソース。盤面を作るパーツや「王家の生贄」が除外されてしまうというリスクがありますが、それでも二枚ドローは強力です。必須パーツはデッキに複数枚積むなどしてリスクを軽減しましょう。

 

上記三枚に加えて、「成金ゴブリン」「闇の誘惑」なども採用すれば、かなりの頻度で先攻一ターン目で「王家の生贄」を発動させることができます。

成金ゴブリン スーパーレア 遊戯王 レアリティコレクション 20th rc02-jp043

遊戯王/第10期/ストラクチャーデッキR?闇黒の呪縛?/SR06-JP024 闇の誘惑【ノーマルパラレル】

 

枠を取りますが、「テラフォーミング」+「チキンレース」も10枚目の「王家の眠る谷ーネクロバレー」になり、既に手札に「王家の眠る谷ーネクロバレー」を持っていたとしても、「チキンレース」をサーチすることでドローソースにもなるためオススメしたいセットです。

 

「王家の生贄」を決めた後はドローソースで引き込んだ「神系罠」や「ネクロバレーの王墓」などで盤面を固めましょう。

遊戯王/神の宣告(ノーマル)/ストラクチャーデッキR 神光の波動

遊戯王 LVAL-JP076-N 《ネクロバレーの王墓》 Normal

 

「先攻特化型」の欠点

ドローソースを大量に採用するためある程度の安定性を持つのですが、欠点もあります。

 

後攻が弱い

先攻一ターン目で「王家の生贄」を発動し、フィールド魔法「王家の眠る谷ーネクロバレー」とカウンター罠で相手の展開を阻害するということを目標としているため、後攻になり相手が盤面を固めてしまうと、巻き返しが難しいです。また、デッキ内のモンスターカードの比率を少なくする必要があるため、「灰流うらら」、「増殖するG」などの手札誘発モンスターも採用しづらいことが余計に後攻を苦手としています。

 

「安定型」

コンセプト及び特長

「手札誘発を多く採用し後攻でも対応出来る」ということをコンセプトとした構築です。

 

融合モンスター「墓守の異能者」を中心に据えて、手札誘発とバックで戦うというのが理想的な展開です。

 

手札誘発モンスターと相性の悪い「命削りの宝札」と「王家の生け贄」は不採用とします。特殊召喚不可の制約が無くなるため、「墓守の異能者」の特殊召喚を行いやすいのも特長の一つです。

墓守の異能者 レア 遊戯王 ソウル・フュージョン sofu-jp035

 

オススメカード

手札誘発モンスターを中心に紹介していきます。採用するカードを変化させることで環境にある程度対応できます。

 

灰流うらら(2019.4現在 準制限)

遊戯王 20TH-JPC85 灰流うらら (日本語版 シークレットレア) 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION

手札誘発と言ったらまず挙げられるカードです。デッキから「手札に加える」、「特殊召喚する」、「墓地に送る」のいずれかの発動を無効にします。

どんなテーマにも有効ですので、今後も使われなくなるということはまず無いでしょう。

 

増殖するG

増殖するG スーパーレア 遊戯王 デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズ dbsw-jp042

汎用手札誘発その2。相手が特殊召喚する度に1ドローします。特殊召喚した数だけアドバンテージがとれることから、相手はだいたい特殊召喚を控えるようになります。そのため、間接的に相手の展開を抑制できます。

最低でも1ドローするために、「死者蘇生」などのチェーンを組む特殊召喚に対して、チェーンして発動しましょう。(チェーン1死者蘇生→チェーン2増殖するGとすれば、効果処理は増殖するG→死者蘇生の順で行われるため1ドローは確定する)

希に刺さらないテーマ(墓守などのメタビ系)が存在しますが、概ね腐りません。

 

幽鬼うさぎ

遊戯王OCG 幽鬼うさぎ パラレル仕様スーパーレア 20th anniversary pack 2nd wave

発動タイミングは二つあり、モンスター効果が発動したとき、または、永続魔法などの既にフィールドで表側表示に存在している魔法・罠の効果が発動したときです。そのカードを破壊します。

注意したいのは効果を無効にするわけではないので、モンスター効果は適用されるという点です。しかし、永続魔法などはフィールドから存在しなくなった時点で効果が適用されなくなるため、実質的に無効化できます。

発動タイミングは多く、最低でも1:1交換は保証されるため、使いやすいカードです。強いフィールド魔法を有するテーマやペンデュラムテーマが流行ると、特に注目されます。

 

エフェクトヴェーラー

遊戯王 DREV-JP002-SR 《エフェクト・ヴェーラー》 Super

汎用的な手札誘発の元祖。相手メインフェイズのみ発動可能で、相手モンスター一体の効果を無効化します。基本的に相手モンスターの効果にチェーンして発動することで、相手の展開等を阻害します。

より汎用的な灰流うららに役割を奪われてしまった所がありますが、破壊などのこちらでしか止められない効果に対処できる点やターン1制限が無い点などで、差別化されています。

 

屋敷わらし

屋敷わらし スーパーレア 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp033

(「墓守」ではあまり使われないのですが、おまけで紹介します。)

墓地からカードを「特殊召喚する」「手札に加える」「除外する」効果を無効化します。灰流うららの墓地版というような効果ですね。

墓地を頻繁に利用するテーマに有効です。上記四枚と比較すると、使い道は少し限られます。汎用的な所では、よく採用されている「墓穴の指名者」を無効化することができますので、他の手札誘発と併用すると発動機会が増えるかもしれません。

墓穴の指名者 ノーマル 遊戯王 フレイムズ・オブ・デストラクション flod-jp065

 

最後に、手札誘発誘発以外のオススメカードを紹介します。

 

強欲で金満な壺

遊戯王カード 強欲で金満な壺(スーパーレア) サベージ・ストライク(SAST) | 通常魔法 スーパー レア

メインフェイズ1開始時、エクストラデッキからランダムに3枚or6枚除外し1ドローor2ドローします。発動ターンはドローできなくなります。

「安定型」では、ドローソースを採用する必要が無いので、デメリットもそこまで気になりません。また、エクストラデッキもあまり使わないため、「墓守の異能者」を三積みしておけば問題ないでしょう。

ちなみに、「強欲で謙虚な壺」はドローではないため併用可能です(特殊召喚不可のデメリットももれなく付いてきますけどね!笑)。

 

「安定型」の欠点

後攻をとってもある程度対応できる「安定型」ですが、欠点もあります。

 

器用貧乏になりがち

基本的に「墓守」は先攻をとりたいテーマなのですが、後攻になることも考慮したのがこのデッキコンセプトです。しかし、先攻を取ることができた場合、「先攻特化型」のようにドローソースを多くは採用していないため、バックが薄くなりがちです。

 

まとめ

「墓守」のデッキコンセプトである「先攻特化型」と「安定型」について紹介しました。

 

この二つのデッキタイプは片方の欠点をもう片方が補うようなコンセプトをもっています。気になったコンセプトがありましたら、是非試して見てください。

 

マッチ戦ではサイドデッキにパーツを入れておき、一戦ごとにコンセプトを変えるというのも面白いかもしれません。

 

ここまで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

 

定期的?に更新する予定ですので、よろしければまた見に来てください~